日本は中朝韓の罠にはまりますか。韓国レーダ

Writer: admin Type: savan Date: 2019-02-03 00:00
日本は中朝韓の罠にはまりますか。韓国レーダー照射問題 中朝韓のわなにはまるな ~日本海の波高し~その3岩田太郎(在米ジャーナリスト)【まとめ】・在韓米軍撤退は西太平洋地域における「中国夢」実現の一歩。・嫌韓論と断交論の高まりは日本の半島関与を弱めたい中朝韓の罠にはまること。・日韓関係を悪化させて挑発に乗ってはならない。 【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=43659でお読みください。】 韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が2018年12月20日、海上自衛隊のP1哨戒機に対して敵対的な火器管制レーダーを照射したとされる問題では、日本の排他的経済水域(EEZ)における、韓国海洋警察や韓国海軍の「主権実力行使」の増加による、将来的かつ継続的な日韓衝突の可能性が注目される。この日本海における日韓関係の緊張に北朝鮮が絡み、日本の地政学的な利益が侵食され、さらに韓国がレーダー照射事件や慰安婦問題、徴用工賠償命令、竹島問題などで日本世論を挑発し、嫌韓論や断交論を高めておいて、韓国が日米韓同盟を放棄する大義を立たせる可能性がある。そうなれば、中国を宗主国と仰ぐ北朝鮮主導の半島統一が達成しやすくなり、日本の目前である玄界灘に統一朝鮮との軍事境界線が迫る危険性が高まる。そのため、今回の事件はより大局的な見地からの検証が必要になるのである。 ■ 韓国と北朝鮮の不可解な動き大和堆(やまとたい)における韓国軍の海自機に対するレーダー照射は、日本のEEZ内で治外法権を与えられた韓国海警に韓国軍が便乗し、北朝鮮船のインシデントを積極的に利用して、日本のEEZを「韓国の海警と海軍による実効支配」の下に置こうとした試みである可能性は前回、指摘した。https://www.google.co.jp/amp/s/japan-indepth.jp/%3fp=43659&共感した0###「広開土大王 (駆逐艦)」は、北朝鮮の密漁行為を支援し、日本漁船、日本の巡視船を追い払うのが目的であったのではないか?、しかし、「日本のP-1哨戒機」が来てしまったため、レーダー照射(ロックオン)で追い払おうとした。--------------------------------------「ロックオン」は「日本のP-1哨戒機」に対して「広開土大王 (駆逐艦)」搭載のセミアクティブ・レーダー・ホーミング方式のRIM-7P「シースパロー」艦対空ミサイルの発射準備完了(ロックオン)を意味します。問題は照射の次の「艦対空ミサイル」、レーダー照射とは、一般的に「イルミネーター(照射器)」と呼ばれる種類のレーダーであり、レーダー電波を極めて細い指向性の高いビーム状で照射することに特化しています。対空目標に対して使用され、対象の位置、高度、速度といった情報を高い精度かつリアルタイムに取得することができます。そしてこの状態を「レーダー照射」または「ロックオン」と呼びます。「シースパロー」は、「セミアクティブレーダー・ホーミング」と呼ばれる誘導方式を採用しており、ミサイル先端部に取り付けられた「シーカー(検知器)」が、レーダー照射された航空機の反射する電波を拾います。そして航空機の方位を取得、自己の針路が航空機との衝突コースに乗るよう、誘導・飛翔します。原理上、「シースパロー」発射後も標的に命中するまで、レーダー照射をし続ける必要があるものの、P-1より遥かに機動性の高い戦闘機に対しても有効であり、また小さな対艦ミサイルに対して使用することも可能な、高い誘導精度を持ちます。「シースパロー」には40kgの大きな弾頭(爆弾)が組み込まれており、ミサイル自体は直撃する必要はなく近接信管によって炸裂。「コンティニュアス・ロッド」と呼ばれる金属製の鞭が円形に広がり、航空機ないし対艦ミサイルの胴体や構造物を、効率よく「切断」することに特化されています。--------------------------------------【根拠】:犯罪には必ず「動機」があります。【前兆現象】2018/11/20↓第9管区海上保安本部は20日夜、日本海の日本の排他的経済水域内で、韓国の警備艦が北海道のイカ釣り漁船に対し操業をやめるよう求めてきたと発表した。警備艦が接近したため巡視船が間に入り漁船を保護したという。https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181122-00000002-nnn...↑第9管区海上保安本部によると、20日午後8時半ごろ、石川県能登半島の西北西395キロの日本海で、操業中の北海道のイカ釣り漁船「第八十五若潮丸」が、韓国海洋警察庁の警備艦から「操業をやめ、海域を移動するよう」無線で求められた。現場は、大和堆周辺の日本の排他的経済水域内で、日韓漁業協定上、日本の漁船が操業可能なことから、海上保安庁の巡視船が、「要求は認められない」と無線で伝えた。しかし、韓国の警備艦が漁船に接近してきたため、巡視船が間に入り、漁船を保護したという。第9管区海上保安本部によると、現場の周辺海域で、韓国側が日本の漁船に操業停止を求めた例は過去にないという。 --------------------------------------↑海上保安庁の巡視船に邪魔されたため、海上保安庁の巡視船を追い払うために、韓国は今回、駆逐艦を派遣したのではないか?北朝鮮漁船の救助とか、(問題はあるが)燃料切れの支援レベルならいざ知らず、↑上記に示した通りであるならば、韓国は、犯罪行為を手助けしており、北朝鮮への国連制裁違反であり、アメリカを含めた世界への「裏切り」行為となる。そのことをはっきりさせる為にも、国連安保理で調査、審議する必要があるのではないか?↓国連安保理###金日成が「南朝鮮はアメリカの紐と日本の紐で成り立っている。いずれかの紐が切れれば南朝鮮は崩壊する」と言ってましたが、半分中国の韓国で、反日・親北大統領が中国をバックに持つ北朝鮮にオールインしているのだから、どうしようもないと思います。譲歩するとさらに別の攻撃を仕掛けてきます。防衛白書から戦時中である北朝鮮に対する文言「北朝鮮軍は敵」を削って「大韓民国の領土と国民の生命と財産を脅かすすべての勢力が敵」と置き換える事が検討されてます。「竹島は日本領土」と主張している日本は敵国である、という事です。ナイス0
###中国は日米関係の改善を急いでいます。逆に韓国は訪中しても文在寅大統領は一人飯、北朝鮮は訪中しても短時間の習近平さんの会談で終わり。冷戦が終わった現在、日米に朝鮮半島の重要性はなくなりますました。朝鮮半島は中国の属国に戻ると予測します。ナイス0
###在韓米軍撤退が中国有利の結論と決めつけた論評かと思われます。習近平による国内政策を考えないで対外的な政策ばかり注視し、相手を過少評価した場合にそういった考えが生まれるのではないかと思います。私もそれほど知識はないが、ロシアが実質的に朝鮮に力を注いでない時点でかつての日清戦争や日露戦争などの戦前とは状況も朝鮮半島の旨味も違います。仮に中国が覇権を握るとしても朝鮮半島を血を流して得る程の旨味がないと私は思います。だって近いからね。それに技術はもう盗ったから用済みでしょ?罠にはまっているのは特亜では?ナイス0

 

TAG