ずっと、自分の会社の社会保険に加入して自分

Writer: admin Type: savan Date: 2019-01-19 00:00
ずっと、自分の会社の社会保険に加入して自分でカードも持っていましたが、似たような勤務の人が扶養内で働けているので、私もいけるんじゃないかと安易に思って、昨年1月から初めて夫の扶養内で働きました(健康保険・厚生年金が控除され、雇用保険のみ数百円の支払いと、非課税通勤手当6000円もらっている状態です)。が、私の総支給額が130万円を超える見込みが秋頃にわかり、扶養から外れなければと思い、手続きを進めてもらおうと、私と夫の会社の担当の方に連絡した矢先でした。私の会社のほうから、12月に出た源泉徴収票をもらう際、「130万円超えてなかったよー。旦那さんの会社にゆって、扶養を継続してもらえば?」という話で、私はびっくりしました。私の計算では、通勤手当も含めた総支給額で、130万を超えたし、12月の給与明細でも、総支給額は130万を超えた金額でした。でも課税支給額は、129万ほどでした。(なので、源泉徴収票に記載の支払金額も129万ほどになっています。)私の認識では、130万以内というのは、非課税交通費も含めた総支給額だと思っているのですが、違うのですか?夫の会社にもすぐに聞いてもらったら、源泉徴収票が130万超えていないから大丈夫、これからも交通費入れなくて大丈夫、扶養のままでいけますと言ってくれています。どうなのでしょうか?ネットで調べつくしましたが、交通費入るとしか見当たらないので。。共感した0###130万以内の中には非課税交通費は含まれません。非課税だからです。ちなみに交通費を非課税に出来る限度額は国で定められています。「課税」と「非課税」はしっかり見ておいたほうが良いですよ。質問者様は130万円を少し超える位ということなので尚更です。旦那様の扶養からはずれ社会保険加入となれば、月額で2万円前後は手取りが減りますから。またわからない事があれば返信下さいませ。ナイス0
###詳しくありがとうございました☆###勤め先が言っていることなので、問題ありません。雇用主も法に則った決算をしますので、出鱈目はしません。旦那さんに扶養控除がついてラッキー でいいんです。ナイス0

 

TAG