馬連オヤジの[今週の反省会]②

Writer: admin Type: savan Date: 2019-02-03 00:00
馬連オヤジの[今週の反省会]②3巴の人気馬ランパクの出走取り消しがあったが実績上位マローネメタリコ・ダノンチャンスが両方同時に飛ぶ事はまずないだろうなぁ〜ってほぼ馬券検討もしなかった。このレースも早々、『見』に回った。終わってみれば、単勝万馬券・武藤トッカータがハイペース前潰れの漁夫の利で大波乱の結果に…。1月の競馬は、ちょっとした事で波乱になるのは毎年の傾向として分かっていても〜この人気2頭とも飛ぶとは…想定外。数字から見ても、このパターンでの波乱は、年に数えるくらいしかないレアもの。ワシは穴党やけど、まるで、買えるポイントがなかった。質問は、このレース買える要素はどこにあったと思う。補足日付月抜けていた1月13日中山5R・4歳以上500万下ダート1200共感した0###拾うだけなら大雑把で拾えます…私はシャンパンサーベルの単勝だけ買って外れですが…というのは半分冗談で、14日の中山8Rとほとんど同じですかね。こっちなら買えてます。貼れと云われれば、すぐ消しますが貼ります(笑)短距離だから距離短縮だけでも良いし、一般的に距離短縮なら差し込んでくる馬の方が配当妙味はあると思います。ここに大雑把ならと云った意図がありますが、差しがいいとは云っても1200ではやはりテンの速さの重要度が高いと思うのでここで私は切ってましたね。近走レベルも平均~低め程度かなと…14日の方の勝ち馬はどちらも合格点と判断出来ました。仰るように漁夫の利もあると思うし、長い目で見たら私は13日の方は買えなくていいかなと思います。上がりの行使もムラがありますし…オッズ見たら買うべきだったかもしれませんが、まぁそれ云いだすと買い目ばかり増えてキリないので…人気2頭がどうかですが、1頭が逃げでもう1頭は去勢手術からまだ明け3戦でなんともな部分もあり。後から考えれば波乱要素もあったかと思いますが、潰しあう展開にならなければ両方は飛ばなかったと思いますね。単勝なら頭さえ外れてくれればいいのですけど…ナイス0
###ご存知の様にワシは、馬連で荒れそうなレースのみ参加(馬券購入)する珍しいタイプの競馬ファンなんやが…。去年の結果を踏まえて『触らぬルメールに祟りなし』って格言を習った。どれだけ、波乱の可能性を探ったところで「結局、ルメールかい!」って泣きを見るパターンに何度も遭遇して…少し手抜き?ではないが時短も含めて「ルメール板」の時は、検討に時間を割かない姿勢(スルー)で臨む事にしたのじゃ。ところが今回3日開催では『触ってないのにルメールに祟られっ放し?』『後悔先に立たず終ってから座る』の連続。呆れ返って、いつも1人でやってる『反省会』を3部構成でボヤかせてもろた。
###今日(1月19日)に少なくとも3連系は、荒れるやろって注目しとったレースが全て不発。ほぼ、本命サイドの決着に終始しとって、3連複で1頭軸流しやったらえげつないトリガミやった。今日は、どうにも穴党には不向きな日やのぉ〜って半ば呆れ返っていた最終レースにドカンと大きい万馬券……ワシ、我慢が足りんかったのぉ〜。資金は十分残っていたが、余りにも低配当の連続に心が萎えとって最終レース 買う気がしなかった。

 

TAG