最近FPの勉強を始めたものです。

Writer: admin Type: savan Date: 2019-02-11 00:00
最近FPの勉強を始めたものです。初歩的な質問で大変恐縮なのですが、合計所得金額と給料収入の違いってなんですか?配偶者控除を受けるためには合計所得金額38万円以内、給料収入のみの場合は103万以内となっていますが、どういう事でしょうか?共感した0###給与収入=いろいろ控除する前の給与。一般的に「年収」と言われるのは、この金額。給与所得=給与所得控除、人的控除(配偶者控除など)などを引いた額で、所得税などを計算する基準になる。配偶者控除を103万円の「収入」であれば、103万円ー65万(給与所得控除)=38万円の「所得」になるので、配偶者控除が受けられます、ということになります。ただし、配偶者控除は法改正があって、世帯主の所得によっては150万まで控除が受けられるようになったはず。この辺りが反映されるかどうかは、気をつけたほうがいいですよ。あと、「所得」と「収入」の使い分けですね。ナイス0
###給与所得控除というものが給料の場合はあるから。給料の場合、稼ぎから経費を引くということができない(特殊な条件を除く)ので、その代わりに「みなし経費」として給与所得控除がある。これは収入によって金額が変わるが、最低金額である65万と考えて38万+65万=103万と表現している。税務署などきちんとしたところでは103万という表現は基本的に使わない。所得38万以下という言い方じゃないと正しくないから。あなたのように所得ってなんですか?レベルの一般人が多いから、そういう人に説明するのめんどくさいから、103万と説明しているものが多い(サルでもわかる的な簡易的な説明用です)ビギナー向けの本で表現するなら給料の場合:稼ぎー65万≦38万自営業の場合:稼ぎー必要経費≦38万であれば配偶者控除の対象者ということ。ナイス0

 

TAG