昔テレビで顔は人間で体は犬と言う生き物が江

Writer: admin Type: savan Date: 2019-02-13 00:00
昔テレビで顔は人間で体は犬と言う生き物が江戸の町を走りまわっていたという文献が今も残されている。と、何という番組かは忘れましたが生命の不思議をテーマにした番組を見ました。種が違えば子孫は残らずと聞きましたが過去と現代では遺伝子の法則にも変化が生じるのでしょうか? それとも江戸時代の文献はデマが載っていたのでしょうか? (確か昭和40年代のテレビ番組です。)共感した0###それを言ったら、今の漫画やアニメを一〇〇年後の人が見たら「女の子は美少女ばかりで巨大ロボットや超能力が当たり前にあった」なんて思うでしょうか?w文献=事実ではないですよw>遺伝子の法則にも変化が生じるのでしょうか?遺伝子の作用は生物が誕生してから全く変わっていません。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###大概がデマですよ。見せ物小屋で「大イタチ」と言って大きな板に赤い塗料塗って「大きい板に血(染料)=大イタチ」なんて金取ってましたから。ナイス0

 

TAG