顕正会、創価学会、正信会の方にお聞きしたい

Writer: admin Type: savan Date: 2019-01-24 00:00
顕正会、創価学会、正信会の方にお聞きしたいです。皆さんは元々大石寺(日蓮正宗)の所属でした。大聖人様が残された仕組みやシステム、師弟相対、大御本尊、唯授一人血脈相承等があるのは大石寺です。(本家本元) どこの宗派が良いか悪いかとの賛否はありますが最終的には本家本元の内容が必要なので大石寺に戻る必要があると考えます。そこで質問ですQ1:皆さんは、戻る気はあるのですか?戻る・戻らないズバリでお答え頂ければ幸いです。Q2:戻らないと選択した場合、本家本元の内容が必要ですが、必要としない理由は何ですか?私は大聖人様が決めた事なので守る必要性があると考えます。私の見立て私は創価学会2世で沢山の役職についていました。しかし、本家本元の要素を持たず、自己流で進んでいると判断し、創価学会は新興宗教「池田教」を創り大石寺に戻る気がないと感じたので創価学会を辞めなした。共感した1###>Q1:皆さんは、戻る気はあるのですか?ないですね。>Q2:戻らないと選択した場合、本家本元の内容が必要ですが、必要としない理由は何ですか?「御書根本」「日蓮大聖人直結」で大丈夫です。創価学会と日蓮正宗には、私のような“端くれ”にもわかる明らかな考え方の違いが見て取れます。 私は現在学会に籍を置いていますが、この両者についてここ数年あらためて比較・検討させて頂いているところです。 せっかくのよい機会ですので、その“違い”をいくつか見ていきたいと思います。 これまで、血脈相承、開眼、本尊謹刻、御本尊の捉え方、三宝論、僧職と在家、三大秘法、大聖人と法主などの教義面、 勤行などの化儀、登山会や葬儀のあり方などの活動面、また「C作戦」「正本堂破壊」「教義条項の変更」「葬式のあり方」「スキャンダル」などについて、さらに宗門側が問題視している名誉会長の発言などを調べてきました。 今のところ、どれも学会の言い分の方が納得できています。 特に「本尊」についての考え方が大きく違うと感じています。 正宗さんの「血脈」「開眼」の捉え方から来る「御本尊様が見ている」「御本尊様のお褒めに与る」などの偶像崇拝がすでに日蓮仏法ではなく、信仰が深まるほどに「罰(ばち)」を恐れて生きることが常態化したとき、人間は本来の自由闊達な生命が蝕まれていくと考えます。 ある法華講員さんが語った >御本尊様が、お待ちされていますよ。 は、そのことを象徴する一つの事例になるかと思います。 また、私や他の学会員さんは、ある日蓮正宗法華講員の方から、 「堕地獄を畏れなさい。」「貴方の頭破作七分の現証です。」「悩乱状態と言います。」「創価学会より、病院へ行かれた方が良いでしょう。」「貴方は危険な状態です。」「正しい御信心に、 一日も早く戻りなさい。」「文証・理証・現証が揃ってる。これは736年間不変だ。お前らや身延の都合でどうなるものでも無い。愚か者が。」 などと、このカテで言われ続けていました。現在はその方は何処に堕ちたのか姿が見えなくなっています。 正宗さんの組織内では常時このような言葉が飛び交っているのでしょうか。弱い人にはとても耐えられないでしょうね。 「本尊」が正しいかどうか以上に、信仰の方向性に問題を感じます。 日蓮大聖人が御遺命とされた「広宣流布」(世界に広めること)についても、次のような御聖訓を“虚妄”にしまいと本気で実践しているのは創価学会の方です。 「日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人・三人・百人と次第に唱へつたふるなり、未来も又しかるべし、是あに地涌の義に非ずや、剰へ広宣流布の時は日本一同に南無妙法蓮華経と唱へん事は大地を的とするなるべし」(諸法実相抄) 「日本国の中に但一人・南無妙法蓮華経と唱えたり、これは須弥山の始の一塵大海の始の一露なり、二人・三人・十人・百人・一国・二国・六十六箇国・已に島二にも及びぬらん、今は謗ぜし人人も唱へ給うらん、又上一人より下万民に至るまで法華経の神力品の如く一同に南無妙法蓮華経と唱へ給ふ事もやあらんずらん」(妙密上人御消息) 「月は西より出でて東を照し日は東より出でて西を照す仏法も又以て是くの如し正像には西より東に向い末法には東より西に往く」(顕仏未来記) 創価学会は現在192の国と地域に会員が拡大しています。 失礼ながら日蓮正宗さんの方は「大聖人が仰せなのだから自然に達成される」と、ただ漫然・漠然と受け流しているようにさえ見えます。 さらに、「僧」「俗」のとらえ方についても両者は全く異なります。学会は「僧俗平等」であり、正宗さんの方は「僧上俗下」です。 1990年の暮れに「C作戦」を発動して以来、日顕氏があからさまな「法主絶対論」を唱えだしたのは91年7月のことでした。 「唯授一人の血脈の当処は、戒壇の大御本尊と不二の尊体にまします(中略)この根本の二つ(=大御本尊と法主)に対する信心は、絶対でなければなりません」(宗内最高位にあたる「能化」名で学会に送った文書91年7月3日付) 同じ頃、日蓮正宗宗門の機関誌では、法華講幹部に、日顕氏のことを「現代における大聖人様」(「大日蓮」91年6月号)とも呼ばせています。 その年の8月に行われた行学講習会では、「C作戦」に関与した日顕氏の側近、福田毅道(元海外部書記)から、現・法主が「本(ほん)」で日蓮大聖人は「迹(しゃく)」に過ぎない、などの言葉が出されています。 さらに97年8月の教師講習会では、日顕氏自ら、“どんな僧侶でも相承を受けた以上は「生身の釈迦日蓮」であり、誹謗すると地獄に堕ちる”などと、大勢の僧侶の前で言っています。 日顕氏はかつては、「歴代法主は僧宝以下の立場」「代々の法主が日蓮大聖人ではない」などと発言していましたが・・・。 日蓮正宗大石寺では3年前に宗規を改正し、「法主を引退した人も同様な“絶対的な存在”」として「誹謗したら厳罰」としています。 92(H.2)寺族同心会での日顕氏の発言 「本当の仏の教え、仏智というものは、一般民衆が分かるはずがないんですから、ボンクラどもが千人万人おるよりも、仏様一人のお考えの法が正しいんですよ」 94(H.6)教師講習会での日顕氏の発言 「あのねー、ミーチャンハーチャンに分かるようにペコペコよ、頭下げて説いてたらよ、本当の法なんか説けやしないんだ」「民衆、民衆って言う奴ほどバカなんだ」 「1990(H.2)年、広布破壊の謀略『C作戦』を皮切りに、日顕宗の差別主義が次々と浮き彫りになった。 たとえば、当時の公式文書には以下の通り、信徒を見下す差別主義が繰り返し主張されている。 『僧俗がまったく対等の立場にあるように言うのは、信徒としての節度・礼節をわきまえず、僧俗の秩序を失うものである。(90(H.2.)12月宗門から学会に送られた『お尋ね』文書) 『僧俗平等、僧俗対等などと主張することは、信徒として仏法の位階をわきまえない大増上慢』(同) 『僧俗師弟を蔑(ないがし)ろにすれば(中略)師敵対の大謗法罪によって、必ず地獄に堕します』(同年11月、解散勧告書) 僧俗平等を主張することが『増上慢』だの『師敵対の大謗法』だのと、よくぞここまで明からさまに“差別”に固執できたものである。」(「『民衆勝利の凱歌』第三文明社」より) ちなみに、日蓮大聖人は次のように仰せになっていますね。 「此の世の中の男女僧尼は嫌うべからず 法華経を持(たも)たせ給う人は一切衆生のしう(主)とこそ仏は御らん候らめ」(四条金吾殿女房御返事) 「僧も俗も尼も女も一句をも人にかたらん人は如来の使(つかい)と見えたり」(椎地四郎殿御書)また、「血脈」についても現日蓮正宗は、大聖人の教えから離れて行っています。 日蓮大聖人の血脈観を学ぶうえで最も重要な御書が、佐渡流罪の渦中に認(したた)められた「生死一大事血脈抄」です。 天台宗の学僧で当時何らかの理由で佐渡に流されていた最蓮房(さいれんぼう)が、末法の御本仏としての本地を顕された大聖人に帰依し、天台宗の奥義「生死一大事血脈」について質問したことに対する御返事が本抄です。 大聖人は冒頭から「生死一大事血脈とは所謂妙法蓮華経」と明言し、さらに仏と法と衆生の三つが「全く差別無し」と述べられ、最後には「相構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経・臨終正念と祈念し給え、生死一大事の血脈此れより外に全く求むることなかれ、(中略)信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」と結ばれています。 現宗門日顕氏は「法体の血脈が根本であるから、そこから離れて信心の血脈はない」とし、「『信心の血脈』は枝葉」とも言っています。 ところが日蓮大聖人は「法体の血脈」という言葉は御書のどこにも使っていません。 御書にない「法体の血脈」が根本で、大聖人が“これ以外に求めるな”と厳命された「信心の血脈」を「枝葉」としています。 大聖人は同抄の中で「日本国の一切衆生に法華経を信ぜしめて仏に成る血脈を継がしめん」とも御教示されております。###「日蓮大聖人直結」→創価学会の方が直結したんですか?タイムマシーンでもあるのですか?「御書根本」→同じ御書を読んでも日蓮宗や創価学会、正信会、宗門、顕正会などなど 主張が違いお互いに言い争ってます。「御書根本」と言っても解釈する人によって変わる。誰の解釈を用いるべきですか?それても各自が思い込めばそれでよいのでしょうか?「日蓮大聖人直結」・「御書根本」の要素が大聖人様の正しい信仰をしている。論理・道理性を感じません。
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###〉大聖人様が残された仕組みやシステム、師弟相対、大御本尊、唯授一人血脈相承等があるのは大石寺です。 (本家本元)大石寺固有のものでもあるまい。大御本尊も一閻浮提総与である。法水も大石寺若しくは大石寺貫主だけのものではない。〉どこの宗派が良いか悪いかとの賛否はありますが最終的には本家本元の内容が必要なので大石寺に戻る必要があると考えます。正信の僧俗が集うところに正しい法があるのである。詐称貫主のところに正しい法はない。ナイス0
###●前提自身が所属する創価学会を含めて、全ての組織がその組織にとって都合のいい事実(過去/現在)あらゆる本にて記載されています。私はこの場においては、あえてその事実の整合性や仏法における矛盾を質問者様と問い質していくような野暮な事は提案致しません。何故なら、それよりも重大な事を進言したいゆえです。すなわち、全団体が日蓮大聖人の最大の御意志であられる広宣流布を全うしゆくべきであると考えます。Q1 戻りませんQ2 結果的に正しいのは、本家本元の内実を堅固に守り抜く団体でございます。●結論私は創価学会で真に確信を得、日蓮大聖人の目指す広宣流布へ会員を励まし指導してくださる池田大作を現世の師匠とし、生涯、精進し励みゆく決意です。私の考えと致しましては、広宣流布が成就した時代に各団体(宗派/組織)の正邪・思想・手法・経緯の全てが明らかとなるでしょう。また、個人的な思想になりますが、日蓮大聖人の弟子であるならば、全ての団体が一切衆生の幸福の為、過去にとらわれる暇があれば、その労力を全て未来に向けて広宣流布に励む事に費やすべきであると考えます。悪を責めぬくことは御指導の内でございますが、喧嘩しろなんて御書の何処にも記載されておりませんよね。さらに言えば、世界広宣流布が成就した際に、宗門に戻る必要があれば、全ての団体が自然に戻りゆくでしょう。すなわち、各々の掲げる正義の結果は、その時にしか分かり得ません。ゆえに、今一度、互いに今の場所で自身を省みて、精進し、日蓮大聖人が目指した世界に向けて共々に成長して参りましょう。一切衆生の為に。ナイス0
###(「元」創価学会員です)御本尊を勝手に作成することは、かつて創価学会が「絶対にしてはならない」と言ってきたことでした。 以下の創価学会の指導を読んでいただければ、今の創価学会の「ニセ本尊」が、いかに恐ろしい魔物か、わかっていただけると思います。 .................................................................................「折伏教典」(昭和43年9月16日 改訂29版発行) 「発行所:宗教法人創価学会」 P.335-336 勝手に作製した本尊に題目を唱え、どれが大聖人の教えにかなった本尊であるか、全く知ることができない。 ゆえに、仏法を求める人は、ただ「南無妙法蓮華経はありがたい」と言って『一番大切な信仰の対象たる本尊』を知ろうとせず、邪宗邪義により、ついに「地獄」に落ちていくのが、現在の「南無妙法蓮華経」を唱えている宗教である。 大聖人の題目を利用して、人を不幸にする「悪魔の所為」である。 題目を唱えれば「対象」は何でもよいということは絶対にない。 それは、大聖人を、「悪(あ)しく敬(うやま)う」どころか、仏説に反対するがゆえに、大聖人に弓(ゆみ)を引いていることになる。 ................................................................................P337 大聖人のご生命たる御本尊が違っていて、どうして題目だけでよいといえようか。本尊を誤れば、たとえ題目を唱えようとも、無間地獄、疑いないのである。 日蓮大聖人のご本懐は、弘安二年の大御本尊の建立である。.............................................................................. P338 正しい御本尊なき題目は無益であり、「地獄へ行く直道」をつくっているのである。三大秘法の御本尊に対し、三大秘法の題目を唱えたてまつるは、日蓮正宗のみである。...........................................................................P345-346 御本尊をマネた本尊をかつぎだす「付属(ふぞく)」のないものは、「偽札(にせさつ)本尊」という。信仰してもよくならないと「信仰が足りないからだ」と無知な信徒のせいにする。それを対象として、どんなに拝(おが)んだところで幸福はなく、かえって「悪道に陥(おちい)る」のである。 .................................................................................これが、創価学会の主張でした。 戸田先生の子孫全員をはじめ、次第に宗門に戻ってこられる学会員が増えてきました。 私は、ずっと日蓮正宗を誹謗してきたので、宗門に入信したからといって、すぐに罪を消せるわけではありません。 今から罰を受けながら、正法誹謗の罪を消していくことになります。覚悟のいることですが、保身のために学会に居座って、無間地獄に堕ちる選択をしなくて救われた思いです。 大聖人の出世の本懐である『本門戒壇の大御本尊』に、みなさんが一刻も早く参詣し、正法誹謗の罪を消して一生成仏できることを願っています。ナイス0
ico_check不適切な投稿でないことを報告

 

TAG